home
kikakukaisaiexhibitorsboothfreshcontactaac2011

 

フェアー企画概要 - 企画コンセプト

ACTが提案するフェアーの名前
ACT ART COM
のコンセプトとそこに込められた想いとは...

"COM"には3つの意味が込められています。
- COMPLEX 複合
- COMMUNICATION 対話
- COMMUNITY 地域・共同体

COMPLEX 複合 - ACTが当初から建築のコンセプトとして持つ「複合施設」としての構造は、フェアーの基盤となる「ブース」という構造に大変近い性格を持っています。よって、ACTは日頃から「フェアー」を常に開催しているとも考えることが出来ます。建築自体が持つ「複合」構造とそのコンセプトを120%活用し、規模を拡大して開催されるのがこの「ACT ART COM」です。

COMMUNICATION 対話 - アーティストと企業、ギャラリー、そして観客といった、様々な立場でアートに関わる人間の間に「対話」を産むことを目的に、このフェアーは企画されました。一方通行の会話では産まれない相互作用がそこに発生し、両者間のコラボレーションやエクスペリメントの可能性が模索されることを目指します。

COMMUNITY 地域・共同体 - 様々な文化が混在するこの東京の中心-新宿-で、ACT独自の「共同体」のあり方を提案したいと考えます。アート界のコミュニティーは非常に狭く、決まった人間同士のやり取りに終始している様に感じます。ACTはより多くの種類の人々が同じ目線で話をすることが出来る環境を作り出し、1つの新しい「共同体」の形を提案します。これからのアートの可能性や方向性がその中で模索され、独自の形となって昇華することでしょう。

 

Copyright 2012 The Artcomplex Center of Tokyo.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.