HOME
what開催概要membersbooth後援・協賛企業お問い合わせact2010

フェアー企画概要 - 企画コンセプト

ACT ART COM (AAC)

〜 ACTが提案する、
新しい形のアート & デザインフェアー 〜

企業とアーティストの
出会いの場

5つのギャラリー空間に詰まった、
出会いとコラボレーションの可能性。

混沌としたアート界 - 「アートフェアー」と名のつくものは、海外では星の数ほど存在し、日本国内でも近年非常に多くの種類のフェアーが登場して来ています。しかしこの経済不安の打撃を受け、いわゆるアジアの「アートバブル」は弾けたと言われています。不況や経済不安の影響を最初に受けるのは「アート」であり、多くの才能が一握りの可能性やコレクターの目に留まらずに、発表の場をやり過ごしています。

そこでACTが提案したい新しいフェアーの形は、才能あふれるアーティストに作品発表と販売の場を提供する事に留まらず、将来的なコラボレーションの可能性を提示するべく、企業とアーティストの出会いの場を作るという事です。

アーティストにとっては、作品を発表/販売すると同時に、 企業との出会いを通して別の形で作品を幅広く公共の場に発表するチャンスへと発展する可能性を探る事が出来ます。企業にとっては、まだ発掘されていない多くの才能との出会いを通して、アーティスティックなコラボレーションの可能性を探る事が出来ます。

よって、ACTが提案する新しい形のアート&デザインフェアーでは、3つの大きな柱を立てたいと考えます。

・アーティスト/デザイナー
・キュレーター/ギャラリー
・企業

上記の3つの立場の人間がそれぞれブースを並べる事によって、そこには今までに見た事のない特別な化学反応が起こり、エキサイティングで可能性に満ちた会話が交わされる事をお約束します。

 

Copyright 2008 The Artcomplex Center of Tokyo.
All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.